FIRST 倉庫・工場の塗装をお考えの方へ

「工場倉庫の雨漏り漏水で設備や在庫の浸水被害はありませんか?」

「工場倉庫の雨漏り漏水で設備や在庫の浸水被害はありませんか?」

「工場倉庫の雨漏り漏水で設備や在庫の浸水被害はありませんか?」

「工場倉庫の雨漏り漏水で設備や在庫の浸水被害はありませんか?」

工場・倉庫の雨漏り・漏水・屋根塗装・外壁塗装・塗床専門店 ウチックスの漏水画像
みなさまこんにちは。

栃木県の工場・倉庫の屋根塗装・雨漏り補修専門店のウチックス(とちのき塗装テックグループ)です。

本ブログでは「工場倉庫の雨漏り漏水で設備や在庫の浸水被害はありませんか?」というテーマで
お話いたします。

梅雨の時期をはじめとして、集中的に雨漏りが続くことで
工場・倉庫の浸水被害は一気に加速してしまうということがあります。

 

工場・倉庫施設において、もし雨漏り・漏水を発見したら被害が大きくなる前に早急に対処しなければなりません。

 一時的な応急処置の方法としては、浸水箇所をコーキングで塞いでしまう、
ビニールシートを被せてしまう、防水テープで覆うなどといった方法があります。

 

しかしこれらはあくまでも一時的な対処法であり、工場・倉庫施設において「一か所だけ雨漏り・浸水している」ということはあまりなく、一定以上の降水等により同時多発的に複数個所から浸水するというようなケースが多いのです。

 

工場・倉庫のつくりはシンプルなものであることが多いからこそ、ある個所から
雨漏り・漏水してしまった場合には同様のつくりの箇所からの雨漏り・漏水を疑うべきです。

そしてその症状・劣化箇所を早期に発見し、本格的な屋根修理を行うことが対策として肝心です。

 

雨漏り補修・屋根修理に際して、工場・倉庫の規模が大きければ大きいほど
全体改修・雨漏り補修に要するコスト(費用や修繕期間)は大きなものになる傾向にあります。

 

折半屋根、波型スレートなど、いずれにおいても部分的な取り換えは可能であるものの、
同時期に建造された建物であれば近い将来に他の箇所も同様に劣化してしまうでしょう。

 

局地的豪雨や大型台風に直面した後、「うちの設備は雨漏りくらいで済んだだろうな」と
高をくくって安心するのではなく、「雨漏りがどこからなぜ発生しているのか」ということを
究明し早急に補修・修理することが設備を適切に維持・メンテナンスしていくうえで肝心なのです。

 

ちょっとした気になることであっても、「雨漏り無料診断」で屋根や外壁、自社の経営資源である工場・倉庫設備の「健康状態」を正しく理解し、適切な処置をとることで資産価値をより高く維持されることをオススメいたします。

 

屋根、外壁、窓のご提案、診断調査は「無料」です。

 

私たちウチックス(とちのき塗装テックグループ)は栃木県内の塗装業者として、工場倉庫の屋根塗装、外壁塗装、窓塗装にいち早く取り組んでまいりました。

 

また、多くの学校や病院、会館などの公共施設の塗装工事にも関わらせていただきました。

その塗装工事を90年以上続けてきた結果、良い品質の塗装工事とは何か。その答えが見えています。

工場、倉庫の塗装工事はただ塗れば良いという単純な話ではありません。

品質を担保できるだけの、職人の技術力、診断調査力、塗料の選定力、下地調整をする技術、工事管理力、過去の知識経験の集合知といったもののバランスで成り立つものです。

これからも弊社は栃木県で信用信頼を築いていくためにも、適当な工事を行う事は一切ありません。

ぜひあなたの工場、倉庫の屋根、外壁、窓の状況を診させていただき、良いご提案をさせていただければと思います。後悔はさせません。

お問い合わせはこちら

倉庫、工場の屋根塗装・雨漏り・塗床専門店とちのき塗装テック 施工エリア

宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、日光市、小山市、真岡市、大田原市、矢板市、那須塩原市、さくら市、那須烏山市、下野市、上三川町、益子町、茂木町、市貝町、芳賀町、壬生町、野木町、塩谷町、高根沢町、那須町、那珂川町