塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

【必見!!!】工場・倉庫塗装の適正価格はどれくらいなのか!?

2021.07.01 (Thu) 更新

【必見!!!】
工場・倉庫塗装の
適正価格は
どれくらいなのか!?

【毎月5棟限定】
ドローンを使用した無料診断
キャンペーン実施中!!!

詳細はこちらをクリック!!!

 


皆さん こんにちは。

工場、倉庫の屋根&外壁塗装・雨漏り専門店とちのき塗装テックグループのウチックスと申します。

 

工場・倉庫の塗装を考えるときのお客様の悩みとして、

「塗装って結局いくらかかるんだろう?」

「どれくらいのスパンで塗り替えが必要で、トータルでどれくらいの費用が掛かるんだろう?」

「できるだけ安く塗装をしてくれる業者をしりたい!」

といったこと多いかと思います。

 

ですので、今回はその悩みにお答えいたします。ぜひ最後までお読みください!!!

 

さっそくですが、結論を申し上げます!!!

工場倉庫の塗装金額は
実際に劣化状況を調査しないと
明確にはわからない

 

えーーー!!!

と思われたかたもいらっしゃるかとは思いますがこれが現実です。

一言に工場・倉庫といっても大きさは千差万別です。
また、建物により窓の数も全く違います。窓が多ければ多いほど塗料の塗布面積は少なくなりますし、窓が多ければ多いほど塗布面積は多くなります。

このように大きさも建物の形状も違う倉庫工場の価格を最初から提示するのはできません。

また、お客様のご要望によって塗料の種類も異なります。

遮熱断熱効果を持った塗料にするのか?高耐久で塗り替え頻度が少なくて済む塗料にするのか?

など塗料によって特性も金額も全く違います。

参考までに塗料による耐久年数の違いを掲載いたします。

ウレタン塗料:6年~10年

シリコン塗料:8年~13年

遮熱塗料:8年~13年

フッ素塗料13年~20年前後

 

倉庫・工場の塗装金額を一律で提示することはできないのです。
しかし、塗装工事をするときは価格は非常に気になる要素かと思います。

そんな時は、、、

地元の塗装業者に診断を依頼する

ことをお勧めします。

地元の業者であれば無料で診断を行ってくれる業者もあります。
塗装をするかどうかはまだ決まっていないけど費用感を知りたいという方も是非問い合わせをしてみるといいかと思います。

弊社とちのき塗装テックも無料で診断を行っておりますので、診断について知りたい方は是非以下のリンクから詳細をご確認頂ければ幸いです。

工場・倉庫の劣化診断状況の無料診断はこちらから!

 

 

ここまでは、どのようにして塗装の価格を知るのかについて書いてきましたが、これより下では業者を選ぶときの注意点をお伝えいたします。

 

 

そもそも工場塗装は
価格だけでは
選んではいけない!!!

倉庫工場塗装は高額な工事になります。また、塗布面積が大きいほど足場を架ける面積も多くなるため耐久性の低い塗装を何回もするよりも、高耐久の塗装を1回する方がお得になることが多いです。

しかし、工場や倉庫の塗装は10数年に1度のスパンでしか行わないものですので、一般の方は塗料の性能や違いについてあまり理解していないことが多いです。ですので、どの塗料を使っても結局はあまり変わらないと思われています。

そういう認識を持っているお客様は、ついついわかりやすい「価格」に目がいってしまいがちです。

そして、業者選びの判断基準も「価格」が最重要項目となってしまいます。

でうが、価格だけを見て業者を選ぶと思わぬ落とし穴があるのです。

 

まずは「価格」ではなく、
要望にきちんと応えてくれるかを
見極める必要がある!

価格を第一優先で業者を選んでしまうと失敗する可能性があります。

なぜなら、塗装工事は10数年に1度のタイミングで行うものではありますが、手抜き工事によって3年から5年で塗膜が剥がれてくることもあります。

こうなってしまうと、10年もたたないうちにまた塗装をしなければいけなくなります。

良質な業者を選ぶことができずに本来の耐久年数を保つことができず、塗装の塗替え時期が早く来てしまうことがあります。

そうなってしまうと、トータルで見ると価格が安い業者を選んだ方が費用がかさむことがあります。

そういった塗装の実情まできちんと説明し、かつ施主様の要望に最適なプランを提示してくれる業者を見つけ出すことが重要です。

 

 

とちのき塗装テックは
屋根、外壁、窓のご提案、診断調査は
「無料」です。

私たちは栃木県内の塗装業者として、工場倉庫の屋根塗装、外壁塗装、窓塗装にいち早く遮熱性のある塗料を取り入れ、施工してきた実績があります。

また、多くの学校や病院、会館などの公共施設の塗装工事にも関わらせていただきました。

その塗装工事を90年以上続けてきた結果、良い品質の塗装工事とは何か。その答えが見えています。

工場、倉庫の塗装工事はただ塗れば良いという単純な話ではありません。

品質を担保できるだけの、職人の技術力、診断調査力、塗料の選定力、下地調整をする技術、工事管理力、過去の知識経験の集合知といったもののバランスで成り立つものです。

これからも弊社は栃木県で信用信頼を築いていくためにも、適当な工事を行う事は一切ありません。

ぜひあなたの工場、倉庫の屋根、外壁、窓の状況を診させていただき、良いご提案をさせていただければと思います。後悔はさせません。

倉庫、工場の屋根塗装・雨漏り・塗床専門店とちのき塗装テック 施工エリア

宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、日光市、小山市、真岡市、大田原市、矢板市、那須塩原市、さくら市、那須烏山市、下野市、上三川町、益子町、茂木町、市貝町、芳賀町、壬生町、野木町、塩谷町、高根沢町、那須町、那珂川町